ウォーターサーバー事業

備蓄水としてのウォーターサーバー

大きな災害に備えて

ウォーターサーバーと言えば、「健康に良さそう」「すぐにお湯を使えて便利」というイメージが先行しますが、2011年3月の東日本大震災以降、「備蓄水として長期間に渡って飲料水を確保できる」という側面も注目され、必要性を感じるお客様が年々増加しています。

地震だけでなく台風や豪雨による土砂災害など、日本では毎年のように大きな被害を受けています。
このような時、交通網の寸断や停電など、さまざまなライフラインへの影響が考えられますが、人間が生きる上で大切なのが断水時の「水の確保」です。

一般的に、「1人につき1日3リットルの飲料水」が必要であると言われており、消防庁の災害マニュアルでは、
最低3日間の水の備蓄を推奨しています。※出典:消防庁ホームページ(http://www.fdma.go.jp/)

4人家族の場合
3リットル×3日間×4人=36リットル

ウォーターボトル(12リットル):3本分

プレミアムウォーター 災害時の備蓄用水

ペットがいるご家庭は、もう少し多めにご準備いただけると、さらに安心です。

もちろん、プレミアムウォーターのウォーターサーバーは停電時も出水可能(※1 ※2)で、電気が止まった後もお水を飲んだり、料理にお使いいただけます。
※1:スリムサーバーIII、amadanaスタンダード、amadanaウォーターサーバーは使用可能
※2:冷水・温水機能は使えません

また、賞味期限が常温で6ヶ月間(※3)のため、定期配送のお水を余分にストックしていただければ継続的に備蓄でき、突然の災害が起きてもライフラインが復旧するまで、安心して生活を続けられます。
※3:未開封の場合

大切なご家族を守るため、"備蓄水"としての観点からウォーターサーバーをご検討いただけますと幸いです。

Patchへのお問い合わせ

サービスに興味をお持ちいただけましたら、下記の電話番号またはフォームからご連絡ください。
お住まいの地域に関わらず、お電話でご案内いたします。

法人のお客様もお気軽にお問い合わせください。

TEL : 0120-985-100(受付時間:10時~19時 ※休業日:夏季休暇、年末年始)

お問い合わせフォーム